往路優勝し手を突き上げながらゴールした青学大・神野(2日午後1時23分、神奈川県箱根町で)=横山就平撮影
5区の区間賞は、青学大・神野(3年)で、1時間16分15秒(速報タイム)。
今大会から、コースが約20メートル長くなったが、2012年に東洋大の柏原竜二が作った、これまでの区間記録、1時間16分39秒を上回った。
神野は「思ったより体が動いて、うまく走れた。
ここまで自分ができるとは思わなかった。
(トップで)テープを切る想像をしていたが、夢じゃないかと思うぐらい、うれしい」と話した。
2015年01月02日
14時04分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun

関連ニュース


新「山の神」誕生、神野が柏原竜二の記録上回る


青学大監督「久保田が勢い、最後は超人・神野」


小田原中継所、駒大が46秒青学リードし5区へ

看護師の求人サイト

広告