サッカーのクラブ王者を決めるクラブ・ワールドカップ(W杯)は10日、モロッコのラバトで開幕して1回戦の1試合が行われ、オセアニア代表のオークランド・シティー(ニュージーランド)が開催国枠で出場のマグレブ・テトゥアン(モロッコ)と対戦し、0―0からのPK戦を4―3で制して準々決勝に進んだ。
(時事)
2014年12月11日
10時56分
Copyriブラジリアンワックス 大阪ght
©
The
Yomiuri
Shimbun

関連ニュース


クラブW杯開幕、オセアニア代表が1回戦勝利


箱根駅伝、5チームの監督が「トークバトル」


クラブW杯開幕、オセアニア代表が1回戦勝利

広告