【上海=鈴木隆弘】サッカー中国リーグの杭州緑城の関係者は6日、岡田武史監督(57)が今季限りで退任することを明らかにした。
 2014年までの契約だったが、家庭の事情で退団することになったという。岡田監督は18日にクラブとともに記者会見を開く。
 日本代表監督としてワールドカップ(W杯)の1998年フランス大会と2010年南アフリカ大会で指揮を執った岡田監督は、昨季から杭州緑城の監督に就任していた。
(2013年11月6日13時05分
読売新聞)

関連ニュース


室田淳が2年ぶり2度目V…日本シニアオープン


INAC神戸の澤、右足首負傷…全治4〜6週間


イ・ボミがコース新で今季2勝目…女子ゴルフ

ワックス脱毛 富山

広告