最後の打者を三振に仕留め、ロス捕手と抱き合って喜ぶ上原(AP)
 【ボストン=田中潤】米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)は30日、ボストンで第6戦が行われ、レッドソックス(ア・リーグ)が6―1でカージナルス(ナ・リーグ)を下し、対戦成績4勝2敗で優勝を飾った。
 田沢純一(27)が七回二死満塁から救援して後続を断ち切ると、上原浩治(38)も九回に登板して試合を締めた。2人の日本人投手が、6年ぶり8度目の制覇に大きく貢献した。
 ボストンでは今年4月、3人が死亡、300人近くが負傷する爆弾テロ事件が発生。この地を本拠地とするレッドソックスが地元でシリーズを制覇するのは、1918年以来95年ぶり。
(2013年10月31日13時46分
読売新聞)

関連ニュース


原監督「力を出し切ってこういう結果になった」


ブルージェイズ・川崎がFAに


楽天、巨人下し初の日本一…田中が締め3―0

ラルフローレン 子供服 激安

広告