優勝トロフィーを掲げる上原(左)と田沢(AP)
 【ボストン=西村海】米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)は30日、レッドソックス(ア・リーグ)が6―1でカージナルス(ナ・リーグ)に快勝し、対戦成績4勝2敗で6年ぶり8度目の優勝を果たした。
 本拠地ボストンでの優勝は1918年以来、95年ぶりとなった。レッドソックスは三回のビクトリノの3点二塁打などでリードを奪うと、田沢が七回二死満塁のピンチで打者1人を抑えて無失点で切り抜け、上原が九回を無安打無失点で締めた。
          ◇
 当時は投手としても活躍していたベーブ・ルースがレッドソックスをワールドシリーズ制覇に導いた1918年、日本のプロ野球はまだ誕生していなかった。100年以上の歴史を誇るフェンウェイ・パークに再び訪れた歓喜のマウンドには、守護神の上原がいた。
 数々のスーパースターを擁して優勝した2004、07年と違い、チームは地区最下位に沈んだ昨季の屈辱からスタートした。その新生レッドソックスの象徴的な存在が、上原だった。
 レンジャーズから今季移籍した右腕は、当初は中継ぎを担い、抑え投手の故障離脱などで6月に抑えとなった。それからは27試合連続無失点など抜群の安定感で、レギュラーシーズンからワールドシリーズまで4度、胴上げ投手となった。
 上原だけではない。満塁走者一掃の先制二塁打を放った6番ビクトリノも、ソロ本塁打を放った8番ドルーも、今季新加入した選手だ。それぞれの持ち場で力を発揮した新戦力が、オルティスら主力選手と融合し、チームを頂点へと導いた。
 上原は言う。「今も夢の中にいるよう。本当に今年は、1年頑張ったと自分で言えると思います」
 優勝トロフィーを高々と掲げ、38歳が満面に笑みをたたえた。レギュラーシーズンから通して86試合を投げ抜いた右腕への、大きなご褒美だった。(ボストン 田中潤)
(2013年11月1日06時09分
読売新聞)

関連ニュース


寺内が勝ち越し打、中盤追い上げ巨人逆転勝ち


RソックスがWシリーズ制覇…上原が締める


西武、FA権取得の涌井・片岡と残留交渉

パートの求人サイト

広告