【ジュネーブ=石黒穣】スイスの金融市場監督当局FINMAは4日、為替レート不正操作の疑いで国内の複数の金融機関を対象に調査に着手したと発表した。
 具体的な金融機関名を明らかにしていないが、世界の多数の銀行の関与が疑われることから、他の国の規制当局とも緊密な連携を取っているという。
 世界の金融市場は、短期金利の代表的な指標「ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)」の不正操作事件で信用が傷ついたが、世界の有力銀行が関与する不正操作が為替レートにも拡大する可能性が出てきた。
(2013年10月5日20時57分
読売新聞)

関連ニュース


ロッテ・唐川、6回無失点も10勝目ならず


オリックス逆転勝ち、日本ハム12年ぶり最下位


日本統治を一部評価する教科書、韓国の検定通過

メーカショップ一覧

広告