28日午後10時45分ごろ、千葉県君津市三直の東関東自動車道千葉富津線(館山道)で、片側2車線の下り線の追い越し車線を走っていた乗用車が、逆走してきた乗用車と衝突して横転した。この事故で、後部座席の鋸南町竜島、尾崎真由美さん(58)が車外に投げ出されて胸を強く打ち死亡した。運転席の男性(56)と助手席の妻(55)も全身を打ち軽傷。
 県警高速隊は、逆走車を運転していた富津市富津の自称警備員、平島義身容疑者(65)を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。容疑を同致死傷に切り替えて調べている。「道を間違えてUターンした。一般道を走っていると思っていた」と話しているという。尾崎さんは助手席の女性の姉で、3人はポイントサイト鋸南町に帰宅途中だった。

関連ニュース

「ダル、PO懸け最終戦へ アは3チームの争い」:イザ!
「パイレーツに地元開催権」:イザ!
猪苗代湖で最後の福島ロケ 大河ドラマ「八重の桜」

広告