NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市で20日、恒例の秋祭りが開かれ、主役を務める能年玲奈さん(20)と祖母役の宮本信子さん(68)が特別ゲストとして参加、住民の大歓迎を受けた。
祭りでは市の中心部を山車とみこしがパレード。
2人ははっぴ姿で人力車に乗り、沿道を埋めた多くの市民に手を振って応えた。
パレード中に、同市の山内隆文市長が2人に「久慈の魅力を全国に発信した功績はまさに『じぇじぇじぇ!』です」と感謝状を手渡す場面も。
能年さんは「祭りに参加できてすごく興奮しています」とあいさつ。
多くの人に囲まれた宮本さんもドラマの口調で「おらの年も忘れてしまった」とおどけた。
久慈市の主婦、吉田祥子さん(45)は「手を振ってもらえて感激。
2人の笑顔は東日本大震災で被災した久慈の元気につながると思う」と話した。

関連ニュース

「日本人騎手は“駆逐”される? JRA規制緩和で海外超一流ジョッキー流入」:イザ!
「競馬 3番人気ユールシンギング優勝 菊花賞トライアル・セントライト記念」:イザ!
爆弾テロで30人死亡 イエメン、二つの軍事基地襲撃

ブラジリアンワックス 大阪

広告