【戸津井康之のメディア今昔(5)】
アニメはしょせん子供のもの-。
昭和38年に放送が始まった国産初のテレビアニメ「鉄腕アトム」以来の既成概念を打ち破ったのが、「機動戦士ガンダム」だった。
世代を超えた支持を実証するように、昭和54年の放送から30年以上が経った今も、その人気は健在だ。
昨年4月には東京・台場に、全長18メートルの実物大ガンダム像を設置したテーマパーク「ガンダムフロント東京」がオープン。
今年3~5月には、ガンダムをデザインしたメカニカルデザイナー、大河原邦男さん(65)の特別展「超・大河原邦男展-レジェンド・オブ・メカデザイン-」が兵庫県立美術館(神戸市中央区)で開催された。
アニメの枠を超えて熱狂的なファンを獲得し、30年以上の時が過ぎてもなお支持されるこの傑作アニメは、どのようにして生み出されたのだろうか。
「子供向けではない、大人の鑑賞に耐えうるアニメを作ろう」。
こう呼びかけたのは、総監督を務めた富野由悠季(よしゆき)さん(71)だった。
富野さんは登場人物を造形するキャラクターデザイナーに、「宇宙戦艦ヤマト」などの制作に携わった安彦良和さん(65)を指名。
そしてロボットなどをデザインするメカデザイナーに抜擢されたのが、昭和47年放送のテレビアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」でメカのデザインを担当し、メカ専門のデザイナーとしてデビューした大河原さんだった。

関連ニュース

「「地獄でなぜ悪い」園子温監督作品がトロント映画祭で観客賞」:イザ!
「「アニメは子供向け」アトム以来の常識を覆した「ガンダム」の“コペ転”」:イザ!
「「地獄でなぜ悪い」園子温監督作品がトロント映画祭で観客賞」:イザ!

お仕事情報舘

広告