【新・関西笑談】サッカー日本代表・柿谷曜一朗(4)
--鳴り物入りでセレッソ大阪のトップチームに昇格しましたが、なかなか結果を残せませんでした。
同僚の香川真司選手や乾貴士選手の活躍をどんなふうに眺めていたんですか
柿谷
セレッソの一員やのに、セレッソを応援してなかった自分がいましたね。
むしろ失点したときに喜んでしまうような感じでした。
チームの調子が悪ければ、使ってもらえるんじゃないか。
だから今日は勝たなくていい。
俺が出た試合だけ勝てばいい-。
若い選手ってそう考える時期があると思うんです。
言えませんけどね。
で、僕はあったんですよ。
でも、そんな気持ちでいたら絶対に成長せえへん。
チームが強くなってこそ選手は評価されるんです。
例えば、試合に出られていなくてもチームがJ1で優勝すれば、優勝メンバーには移籍先も見つかるはず。
全員が幸せになるには、チームが勝つことが大事やのにね。
--レビー・クルピ監督が前回率いていた2009年途中、J2徳島に期限付き移籍します。
遅刻を繰り返していたことが放出の要因だそうですが、二度寝癖が治らなかった?
柿谷
二度寝や三度寝やったら、練習にはたぶん間に合ってますよ。
七度寝、八度寝ぐらい。
そして目覚まし時計を何個もかけてるのに、自分で止めたことにも気づかない。
「どうしたらええねん。
気を失ってるのと一緒やん」って、一回相談したくらいですから(笑)。
練習はしたいけど、どんだけアピールしても試合には使ってくれへん。
気持ちも乗ってなかったんでしょうね。

関連ニュース

「サッカーACL 個人技で柏を脅かす」:イザ!
「巻き返し誓う川村  関西オープンゴルフ 男子ゴルフ」:イザ!
「エステグラルが先勝 アジアCL準々決勝」:イザ!

CD発売日

広告