ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太(三迫)が25日のプロデビュー戦で対戦する東洋太平洋同級王者の柴田明雄(ワタナベ)が20日、東京都内の所属ジムで練習を報道陣に公開し「みんなが想像しない結果を出したい。
勝てば自分のボクシング人生も変わる」と、注目が集まるノンタイトル6回戦へ意欲を見せた。
動きを確認しながらミット打ちを2ラウンド行い、順調な調整ぶりを披露。
村田とは昨年5月にスパーリングをした経験があり「一瞬の踏み込みが速いので、左右に動いて攻めたい」とプランを話した。
25日の日本ライトフライ級タイトルマッチで同級1位のホープ、井上尚弥(大橋)の挑戦を受ける王者の田口良一(ワタナベ)も軽快なスパーリングを見せ、「不利と言われているが、覆したい」と王座防衛を誓った。

関連ニュース

「3連覇狙う浅見「自分が勢いつける」 柔道」:イザ!
「柴田「想像しない結果を」 村田のプロボクシングデビュー戦に向け」:イザ!
「来場所の「稀勢綱取り」、横審で意見分かれる」:イザ!

パチンコパチスロ解析攻略

広告