阪神は首位巨人との直接対決3連戦(東京ドーム)に2勝1敗で勝ち越したが、依然6・5ゲームの大差をつけられている(4日現在)。
優勝争いでは絶対的に不利だが、クライマックスシリーズ(CS)を見据えた場合がぜん、“下克上”の公算が広がる。
というのも、阪神は9勝7敗1分けとセで唯一巨人に勝ち越している。
しかも、本拠地甲子園では3勝4敗1分けと負け越し、敵地東京ドームで6勝3敗と圧倒しているという逆転現象だ。
言うまでもなく、巨人がこのまま優勝し、阪神がCSファーストステージを突破した場合、ファイナルステージで直接相まみえる舞台は東京ドームということになる。
阪神・水谷チーフ打撃コーチは「大阪ってファンがすごいもんな。
甲子園は阪神一色やから。
力が入りすぎるんちゃうか。
精神的な部分はあるんかもわからん」と指摘する。
360度ほぼ虎党の甲子園より、半分以下の東京ドームの方が気楽に普段着の野球をやれるというわけか…。
実際、阪神打線は今季、甲子園での巨人戦8試合で22得点、1試合平均2・75点。
一方、敵地東京ドームは9試合で38得点、平均4・22点と、1・47点もアップする。
投手陣も、本拠地甲子園でのチーム防御率は2・57。
狭くて本塁打が出やすく“打者優位”のはずの東京ドームの2・00の方が好成績なのだ。

関連ニュース

「ソフトバンクの寺原、志願の完投勝利」:イザ!
「日ハムの木佐貫ら鹿児島勢が活躍」:イザ!
「レッドソックスの外野手ビクトリノらが週間MVP 」:イザ!

ラルフローレン 子供服 激安

広告