漫画家の手塚治虫さん(1928~89年)が、小学校5年の頃に描いたとみられる紙芝居の全貌が初めて明らかになった。
小学館クリエイティブから21日に刊行された『手塚治虫
創作ノートと初期作品
新発見編』に全編を収録。
手塚プロダクション(東京)は「小学生時代の豊かな想像力が伝わってくる貴重な資料。
非常にきれいな作品なので多くの方に見てほしい」と話している。
紙芝居のタイトルは「火星人来(きた)る!!」。
B6判のわら半紙にクレヨンで描かれており、全部で37枚。
宝塚市立手塚治虫記念館(兵庫)の平成6年の開館を前に、手塚プロが手塚さんの自宅で展示用の資料を探した際に発見した。
このうち数枚は、同記念館のカタログなどで紹介されていたが、全点が公開されたのは今回が初めて。
手塚さんが小学生の頃に描いたクレヨン画で現存する作品は少なく、一つの話としてまとまった形になっているのは、この紙芝居だけだという。
漫画やイラストを描いたわら半紙百数十枚がまとめてとじられた中から見つかり、ページ番号の書き込みもなかったが、絵の内容からストーリー展開を推測して手塚プロが再構成した。
ストーリーについて、手塚プロの森晴路(はるじ)資料室長は「火星人が地球にやってきて人間を襲う筋立てだろう。
火星の都市も舞台になっているようだ」と推測。
「家の中から漏れる光の表現や火星の街を描いた鮮やかな色遣いが見事で、小学生の頃からの際立った画才が分かる」と話す。

関連ニュース

「小5の手塚治虫さん作「火星人来る!!」 紙芝居の全貌明らかに」:イザ!
「金沢の「路線価」上昇率が全国トップ 北陸新幹線開業見据え」:イザ!
「はがき1枚で32万円 路線価28年連続日本一の鳩居堂前」:イザ!

映画発売日

広告