【The株主総会語録(5)】
NTTグループは6月25日、都内で株主総会を開催。
平成24年度の1株あたりの年間配当金を前年比20円増の160円とする配当議案1件のみを審議。
以下、主なやりとり抜粋
《NTT(持ち株会社)の鵜浦博夫社長が登壇し、議長席に着く。
昨年度の事業報告のビデオが流れた後、渡辺大樹副社長が今後の事業方針を語る》
株主「NTTグループ各社は人件費の無駄が多い。
休職者に対しても年休が付与されている。
NTTでは在籍しているだけで年間20日間の休暇が付与される。
この制度を悪用すれば、働かずに給料をもらえることになる」
島田明取締役「お客さまに最大限のサービスをするために懸命に努力している。
ここの話は把握してないが、社員に温かい会社であることが大切。
育児休職とか、病気休職とかは法令、社内制度に従って適切にやっている」
株主「NTT東日本、西日本は近年、利益水準が低い。
大丈夫か」
渡辺副社長「2社とも固定通信を担っている。
確かに、携帯電話の普及などで固定での音声通話収入は減っているが、光ファイバーの利用者は増えている。
固定ブロードバンドは通信の安定性という意味では大変優れている。
例えば、4Kテレビとか、高精細の映像サービスでは大容量の安定通信が必要になる。
ここに固定系の拡大余地がある」

関連ニュース

「豊かな海辺には「鉄分」が欠かせません」:イザ!
「韓国、成長見通しを2・7%に上方修正 景気浮揚策で」:イザ!
「各省幹部人事を閣議決定  官邸主導で女性積極登用」:イザ!

アニメ専門店リスト

広告