財務省が3日発表した4月の税収実績によれば、平成24年4月からの国の一般会計税収の累計が前年同期比2・5%増の37兆8410億円となった。
今年1月の補正予算で見込んだ42兆6千億円に対する進捗率は88・8%となり、想定を上回る公算が高い。
安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」による景気の回復基調を反映し、所得税や法人税が伸びるのが貢献する。
4月の税収は前年同月比6・4%増の4兆3261億円。
5月分の税収では、3月期決算企業の法人税が加わるため、税収が上ぶれすることが見込まれる。

関連ニュース

「“幻の手塚作品”発見 松本零士さん保管」:イザ!
「参加型の「リアル謎解きゲーム」人気 アニメともコラボ」:イザ!
「「洗浄剤の情報提供を」日印産連がメーカーに要望書 胆管がん問題」:イザ!

無料ホームページ比較一覧

広告