1日午前3時10分頃、福岡県築上町宇留津、職業不詳山本利幸さん(65)方から出火、木造2階建て約120平方メートルを全焼した。
 焼け跡から女性と別の男性の遺体が発見された。女性は連絡の取れない山本さんの妻富美子さん(64)とみられる一方、山本さんも首などに切り傷を負う重体で、搬送時、救急隊員に「男に襲われた」と話しており、県警は遺体の身元の特定を進めるとともに、死亡した男性と事件の関連を調べている。
 発表によると、女性の遺体は1階仏間付近で見つかった。山本さんも近くで倒れており、近所の住民に救出されたが、首と両腕に複数の切り傷を負い、両腕を骨折。男性の遺体は1階和室で発見された。
 近所の住民などによると、山本さん夫婦は子供が3人いるが、現在は2人暮らし。県警は山本さんが何者かに切りつけられたとみて殺人未遂事件として捜査を始めた。2日に2人の遺体を司法解剖して死因の特定を進めるとともに火災現場を実況見分する。殺人や現住建造物等放火容疑を視野に入れて調べる方針。
(2013年6月1日21時40分
読売新聞)

関連ニュース


ビール2杯OK…沖縄米軍人、基地外禁酒を緩和


栃木・真岡の女性遺体、殺害と断定…県警


住宅全焼、妻?と男性の遺体…夫は首切られ重体

安い

広告