大相撲夏場所(5月12日初日・両国国技館)の番付が25日、日本相撲協会から発表された。
 春場所、11勝で敢闘賞の隠岐の海が小結に昇進し、島根県出身では明治時代の1892年6月場所の谷ノ音以来、121年ぶりの新三役となった。
 先場所、全勝優勝の白鵬は2場所ぶりに東の正横綱の座を奪い返し、モンゴルの先輩横綱、朝青龍と並ぶ25度目の優勝を目指す。
 大関陣では、先場所途中休場で6度目のカド番を迎える琴欧洲が、北天佑と並ぶ史上4位の大関在位44場所。両関脇は変わらず、豪栄道は7場所連続、把瑠都は3場所連続。先場所10勝の栃煌山は3場所連続で小結の座にとどまった。
 千代鳳、誉富士、東龍、大喜鵬の4人が新入幕を果たし、旭秀鵬は8場所ぶりに幕内へ返り咲いた。
(2013年4月25日13時52分
読売新聞)

関連ニュース


復帰の蒼国来、土俵にたたきつけられても充実


小さな空港で大きなドラマ…三谷作品、撮影終了


大相撲夏場所の稽古総見、内容は「今ひとつ」

ネット 副収入

広告