大相撲春場所中日(17日、ボディメーカーコロシアム)豊ノ島が平成19年秋場所の白鵬戦以来の金星を挙げた。
鋭く立って右がのぞくと「軽量が弱点だと思うので、強引に体で持っていった」と説明するように、一気に寄って日馬富士を土俵下まで飛ばした。
上位に休場が出て回ってきた横綱戦。
日馬富士の立ち合いを映像で研究したといい「出来過ぎなくらい自分のペースで取れた」と喜んだ。
9日目は白鵬と対戦。
優勝争いについて問われると「(白鵬に)勝てば考えられる」と意欲を見せた。

関連ニュース

「亀田興毅の相手、6位のパジャーノに変更 4月7日の防衛戦」:イザ!
「超党派議連に「霊長類最強の女」が出席 レスリング五輪除外危機」:イザ!
「若の里、史上8位の822勝目「尊敬する大先輩に並んだ」 大相撲春場所」:イザ!

女性向けAV クチコミ

広告