【ローマ=末続哲也】ベネディクト16世の後継となる第266代ローマ法王を選ぶ会議「コンクラーベ」は、2日目の13日、2〜5回目の投票がバチカンのシスティナ礼拝堂で行われた。
 5回目の投票終了後の同日午後7時5分(日本時間14日午前3時5分)過ぎ、礼拝堂の煙突から「新法王決定」を外部に伝える白い煙が上がり、サンピエトロ大聖堂の鐘が鳴らされた。
 新法王は、手続きを経て間もなく発表される。
(2013年3月14日03時22分
読売新聞)

関連ニュース


日銀総裁人事、維新は賛成・みんなは反対


北の核・ミサイル、初めて「米国への脅威」明記


農産物などは聖域…自民TPP対策委、決議了承

ポイントサイトの比較

広告