日本銀行の次期総裁候補の一人とされる岩田一政・日本経済研究センター理事長(元日銀副総裁)は14日、自民党の議員連盟「デフレ・円高解消を確実にする会」に出席した。
 岩田氏は「2%の物価上昇率(インフレ)目標の達成には円高是正が必要不可欠」と述べ、日本経済の状況から見て、円相場は1ドル=90〜100円程度が適切な水準だとの考えを示した。特に、95円程度が妥当だと指摘した。
(2013年2月15日
読売新聞)

関連ニュース


金融緩和 新手法も議論

「NY株続落、46ドル安 米経済指標悪化で」:イザ!
「東京株、午前終値は56円安 92円台に円上昇し一時1万1200円割れ」:イザ!

映画ランキング

広告