米女子ゴルフツアー今季開幕戦、ISPSハンダ女子豪州オープンは15日、キャンベラ近郊のロイヤル・キャンベラGC(パー73)で第2ラウンドを行い、4位で出た上原彩子は4バーディー、4ボギーの73と伸ばせず、通算7アンダーの139として8位で決勝ラウンドに進んだ。
上原は今季から本格参戦し、今大会は日本勢でただ一人出場している。
67で回ったマリアホ・ウリベ(コロンビア)が通算15アンダーの131で首位に立ち、1打差で申ジエ(韓国)と15歳のアマチュア、リディア・コ(ニュージーランド)が続いた。
(共同)

関連ニュース

「石川「第2日がすごく楽しみ」 米男子ゴルフ」:イザ!
「露レスリング界の英雄、カレリン氏「オリンピックの基盤を壊す」」:イザ!
「「東京五輪招致に痛手」 猪瀬都知事「どんな議論が行われたのか」」:イザ!

ブラジリアンワックス 大阪 クチコミ

広告