米男子ゴルフのファーマーズ・インシュアランス・オープンは28日、米カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGC(パー72)で最終ラウンドの残りを行い、米国での今季初戦だったタイガー・ウッズ(米国)が通算14アンダー、274で昨年7月以来のツアー通算75勝目を挙げた。
最多はサム・スニード(米国)の82勝。
ウッズは8番からの11ホールを回り、3つスコアを落としたものの逃げ切った。
この大会7勝目で、優勝賞金は109万8千ドル(約9900万円)。
4打差の2位はブラント・スネデカー、ジョシュ・ティーターの米国勢が並んだ。
大会は霧のために1日遅れていた。
(共同)
■タイガー・ウッズの話「最後はちょっとひどかった。
プレーが遅れて集中力を切らしてしまった。
ミスもあったが、今週は良いプレーができた。
この勝利は特別なものだと思っている。
今年はやれると思う。
いいスタートになった」(AP)

関連ニュース

「石川遼は86位に後退 男子ゴルフ世界ランク」:イザ!
「「最大限に活用したい」 ザック一問一答、W杯予選視野に」:イザ!
「ウッズが首位守る 米男子ゴルフ」:イザ!

アニメ情報サイト

広告