2013年は巳年(みどし)。兜町の格言では「辰巳(たつみ)天井」と言われ、辰年と巳年には株価が大きく上がる傾向がある、とされる。戦後5回あった巳年の日経平均株価の年間騰落率を見ると、上昇は3回、下落は2回で、平均上昇率は4・7%だった。
 実際に、巳年は相場の転換点となることが多い。65年は「昭和40年不況」の大底、89年はバブル経済の絶頂期で史上最高値を付け、01年には17年ぶりに1万円を割り込んだ。
 政権交代で円安・株高が進む中、ヘビにあやかって「来年は日本経済がデフレから脱皮する年になってほしい」と願う関係者は多い。
(2012年12月29日
読売新聞)

関連ニュース

「永世棋聖・米長邦雄さん死去 69歳 盤上にこもらず将棋界改革に情熱」:イザ!

米財務省、GM全株売却へ…14年3月まで


米財務省、GM全株売却へ…14年3月まで

ポイントサイト比較

広告