【ビジネスの裏側】
文具大手のコクヨが2012年9月、中国・上海のノート工場を稼働させた。
巨大市場の中国で初の工場で、当然主力ノートの「Campus(キャンパス)」の生産に専念していると思いきや、意外にも現地のコピー商品「Gambol(ギャンボル)」も生産しているという。
明らかな“パクリ”であるギャンボルは、実は中国で最も有名なノートブランドで、コクヨは「当面併存」の戦略を描く。
その両面作戦は、日中関係の悪化に伴う日本製品の不買運動から、コクヨの中国事業を守るという思わぬ効果をもたらした。
■ノートで世界に挑む
日本ではキャンパスブランドで圧倒的な存在感を持つコクヨだが、海外展開はほとんど進んでいないのが実情。
しかし、少子化などで国内市場の拡大が見込めないなか、海外戦略に舵を切るのは、文具メーカーも例外ではない。
同じ文具でも、パイロット・コーポレーションや三菱鉛筆などは早くから海外販売に取り組み、すでに海外売上比率を高めているのに対し、ノートはなぜ遅れているのか。
コクヨ広報は「ノートはペンなどに比べて、形や使い勝手が各国でかなり違う。
教育や習慣にあわせた商品開発が必要となる」と説明する。
実際、世界を見渡してもノートのグローバル企業はほとんどない。

関連ニュース

「中国景況感、横ばい 経済回復の勢い弱く」:イザ!
「「財政の崖」回避へ上院行動を 米下院、トップ協議先送り」:イザ!
「「財政の崖」回避へ上院行動を 米下院、トップ協議先送り」:イザ!

アニメDVD発売日

広告