日本相撲協会とソーシャルゲーム運営大手のグリーは11日、スマートフォン(多機能携帯電話)などに向け、同協会が初めて公認するソーシャルゲーム「大相撲カード決戦」を11月から提供すると発表した。
横綱白鵬ら現役力士に加え、北の湖、千代の富士、貴乃花ら名横綱も登場する。

関連ニュース


日銀の独立性度外視、前原経財相が批判

「日本相撲協会、スマホ向けゲームを初公認 名横綱も登場」:イザ!

TPP交渉参加、経済団体が訴え

ワックス脱毛 大阪

広告