「パッティングが安定していた」とハン・リー。
1番で4メートル、2番で3メートルのパットを決め、連続バーディーをとると波に乗った。
悪天候の中、ボギーなしの9バーディー。
5打差で首位スタートした金庚泰は逆転優勝を許して「この天候で9アンダーは想定外」と苦笑した。
韓国生まれ。
2歳のときに米国に渡り、日本ツアー5年目、「ここまでとても長かった」と振り返る。
35歳での初勝利は日本で学んだことの結晶だ。
片山晋呉と練習する機会が多く、上半身の使い方を学んだ。
今年4月のつるやオープン、藤田寛之に優勝をさらわれたが、プレーのテンポの重要性を知った。
この日は、同組の谷口徹と薗田峻輔のコースマネジメントを参考に攻めた。
川岸良兼と顔が似ており、ファンから「川岸さん、サインください」と言われたこともある。
初優勝を機に、顔と名前を覚えてもらえるゴルファーになるだろう。
(村田雅裕)

関連ニュース

「おじさんゴルファーが連戦連勝 「石川遼優遇」やめたためか」:イザ!
「チェルシーが申し立て 主審から不適切発言か 欧州サッカー」:イザ!
「チェルシーが申し立て 主審から不適切発言か 欧州サッカー」:イザ!

ポイントサイト比較一覧

広告