「海猿」などの作品で知られる人気漫画家の佐藤秀峰さんが、自作「ブラックジャックによろしく」の映画化や商品化などすべての二次利用を15日から無償で認めると自身が運営するサイトで明らかにした。
プロの漫画家が、人気作の二次利用を完全自由化するのは極めて異例だ。
「ブラックジャックによろしく」は、医療現場で起こる、さまざまな苦難や矛盾と闘いながら成長していく研修医無料ホームページ一覧比較の物語。
佐藤さんは長引く出版不況や、大手出版社に依存せざるを得ない漫画家の将来について、強い危機感を抱いており、インターネットを通じた新たな漫画の提供方法を研究しているという。
15日の解禁以降は、商業、個人利用にかかわらず、複製、パロディー、アニメ、小説など第三者によるあらゆる利用が可能になる。
佐藤さんは「(それによって)どのように作品が拡散し、利用され、著者に利益をもたらすのか、もたらさないのか。
その調査をしたい」としている。

関連ニュース

「元東映動画社長の登石雋一氏死去」:イザ!
「【写真劇場】ベルサイユのばら展 連載開始40周年 ファン必見の300点」:イザ!
「フジテック1億2000万円所得隠し 大阪国税局指摘」:イザ!

広告