反日デモ隊により投げ込まれたゴミや卵のため、日本大使館前のバリケードを消毒する武装警察官(22日、北京で)=青山謙太郎撮影
 【深セン(中国広東省)=竹内誠一郎】日本政府による尖閣諸島国有化から2度目の週末を迎えた22日、中国では、前回の週末のような大規模反日デモは確認されなかった。
 デモ禁止の方針に転じた中国当局が各地で厳しい警備態勢を敷き、抑え込んだ模様だ。
 北京の日本大使館前では22日、大量の武装警察部隊が投入され、周辺の歩道に2メートルおきに警官が配置されるなど、徹底したデモ排除の対応が取られた。インターネットは、地方都市数か所で数十人規模のデモがあったと伝えているが、上海や瀋陽(遼寧省)など大都市では厳戒態勢が敷かれ、大きなデモはなかった。
 16日に暴徒化したデモ隊が市共産党委員会に押しかける事態となった広東省深センでは22日、約400人の警官が配置され、街頭スピーカーで「皆さんの愛国の思いは十分に示された。後は党と政府が解決する」と、デモ不参加を呼びかけた。当局は19日から、携帯電話のショートメールなどでデモ禁止を通告している。
(2012年9月22日22時24分
読売新聞)
.ypbox
{
clear:both;
background:url(/g3/btn_yp_bk.gif)
0
100%
repeat-x;
border:solid
1px
#fedcdc;
text-align:center;
position:relative;
margin-bottom:10px;border-radius:8px;-moz-border-radius:8px;-webkit-border-radius:8px;}
.ypbox
.rest
{
width:49%;
float:left;}
.ypbox
.regist
{
width:49%;
float:right;}
.ypbox
div
{
text-align:center;}
.ypbox
div
div
{
width:241px;
margin:5px
auto
10px;}
.ypbox
div
div
span
{
display:block;
background:url(/g3/_btn_yp.gif)
no-repeat;
height:30px;width:241px;
text-indent:-9999px;}
.ypbox
div
div
a
{
display:block;
font-size:100%;
font-weight:bold;
background:url(/g3/_btn_yp.gif)
no-repeat;height:33px;width:241px;text-indent:-9999px;}
.ypbox
.rest
div
span
{
background-position:0
5px;}
.ypbox
.regist
div
span
{
background-position:-260px
5px;}
.ypbox
.rest
a
{
background-position:0
-40px;}
.ypbox
.regist
a
{
background-position:-260px
-40px;}
.ypbox
.rest
a:hover
{
background-position:0
-80px;}
.ypbox
.regist
a:hover
{
background-position:-260px
-80px;}
#rect-l
{margin-bottom:
10px;}
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

関連ニュース


NZ軍艦船の米軍基地寄港、26年ぶり禁止解除


北朝鮮「強力な打撃行動を」韓国の警告射撃受け


香港の反日団体、尖閣抗議船は「当面出さない」

DVD発売日

広告