ロンドン五輪のボクシングで日本選手として48年ぶりに金メダルを獲得した男子ミドル級の村田諒太選手(26)が21日、勤務する東京都文京区の東洋大に五輪後初出勤した。
オレンジ色のネクタイを締め、金メダルを首から下げたスーツ姿で、学生や教職員ら約300人に大歓迎された。
別の部署に勤める妻、佳子さん(30)が見守る前で、「(所属する)学生課の皆さんには心から感謝しています。
半ば職務放棄という形で競技に専念できました。
おかげで金メダルを取ることができました」とあいさつすると、夏休み期間中にもかかわらず、集まった学生からは「世界一!」と声援が飛んだ。
村田選手は出勤後、学内のあいさつ回りなどで慌ただしく動き回った。

関連ニュース

「新十両の丹蔵と慶天海が会見 大相撲」:イザ!
「日馬富士「次に向けて努力」秋場所綱とりへ」:イザ!
「亀田興毅、佐藤戦の5000万円蹴った ボクシング」:イザ!

cd売上チャート

広告