成田憲彦内閣官房参与は30日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、衆参で多数派が異なる「ねじれ国会」の解決策として、「(衆参)同日選にするのが一つだ」と述べた。
 選挙制度改革に関して、「政策ごとの多数派を形成しやすくなる」とし、小選挙区比例代表連用制の導入が望ましいとの考えも示した。
(2012年7月30日21時57分
読売新聞)

関連ニュース


静岡知事が脱退を表明…原発立地14道県協議会


「東電だけきれいなバスに」…下請け作業員不満


「東電だけきれいなバスに」…下請け作業員不満

SOHOの求人サイト

広告