山口県知事選は12日告示され、いずれも無所属新人のNPO法人所長・飯田哲也氏(53)、元県課長・三輪茂之氏(53)、元国土交通審議官・山本繁太郎氏(63)(自民、公明推薦)、前民主党衆院議員・高邑勉氏(38)の4人が立候補を届け出た。投開票は29日。
 4期16年務めた二井関成知事(69)が今年2月に引退を表明。事実上の多党相乗り対共産党系候補の一騎打ちだった過去3回の構図から一変し、混戦となった。
(2012年7月12日08時58分
読売新聞)

関連ニュース


「国民の生活が第一」所属議員と役職一覧


小沢新党、49人で発足…第3極の結集目指す


橋下市長、小沢新党との連携「TPP軸に判断」

薬剤師関係の求人サイト

広告