DeNAに飛び火!?
巨人・原辰徳監督が女性問題に関連して男2人に1億円を支払った問題で、28日発売の週刊文春がDeNA・中畑清監督(58)が1億円を要求した元暴力団員の仲介役だったと報じることが27日、分かった。
遠征先の沖縄・那覇市で会見した中畑監督は、2人のうち1人から事前に相談を受けていたことは認めたが、金銭授受への関与は否定。
男が反社会的勢力だという認識もなかったとした。
原監督の一連の女性問題が、中畑監督に飛び火した。
28日発売の週刊文春は、「中畑監督が1億円を恐喝した元暴力団員に原監督の携帯番号などを教えるなど仲介した」と報じている。
これを受けて中畑監督は、ヤクルト戦のために訪れている沖縄セルラースタジアム那覇で試合前に会見を行った。
「(週刊誌報道の男2人のうちの1人の)K氏は駒大野球部の後輩の父兄の1人です」。
中畑監督がOB会の要職にあったことから、2006年にこの男から原監督の女性問題について相談を受けたことを認めた。
さらに「俺が介入してもまずいかなと感じた。
(記事では)いろいろ会ったりしていることになっているが、そういうのは一切ない。
双方で話し合ってくださいと話をして、私はそこで終わった」と、06年以降は接触していないと強調した。

関連ニュース

「横浜・大沼投手“異例引退”の真相…個人的トラブル?」:イザ!
「元広島・ルイスが故障者リスト入り レンジャーズ」:イザ!
「レイズ・松井、4番の役割果たせず「甘い球捉え切れていない」」:イザ!

北陸

広告