ヤクルト3―2日本ハム(17日=交流戦)――日本ハムの田中がシングル発売日一覧1点リードの六回、犠飛を放ち、貴重な追加点を挙げた。
 一死三塁で、ヤクルト・石川の内角シュートをたたき、右翼へ飛球を打ち上げた。三塁走者・糸井が俊足を飛ばし、本塁を陥れ、「うまく外野まで運べました。(糸井)嘉男の足で取ったような1点です」と謙虚に振り返った。
(2012年6月17日17時01分
読売新聞)

関連ニュース


緊縮支持派が過半数の見通し…ギリシャ国営TV


ソフトバンク・小久保、22日の二軍戦で復帰へ


韓国最大野党の議員、大統領選挙出馬を表明

広告