女子サッカーのなでしこリーグは10日、第9節が各地で行われ、首位のINAC神戸は日テレとの上位直接対決を1―0(前半0―0)を制して、開幕からの無敗を守った。60分、FW川澄のPKが決勝点となった。
 リーグはこの日でロンドン五輪に向けた中断期間に入ることもあり、日テレ―INAC神戸戦が行われた東京・国立競技場には今季リーグ最多の観衆1万6663人が詰めかけた。
 日本女子代表「なでしこジャパン」は15日からスウェーデンへ遠征する。
(2012年6月10日14時35分
読売新聞)

関連ニュース


首位仙台が札幌に大勝、神戸・西野監督が初白星


レイズ松井、5試合ぶり先発出場し適時打


欧州選手権、チェコ・ギリシャが決勝T進出

ブラジリアンワックス 大阪

広告