ホリプロタレントスカウトキャラバンで4年前、小学生では初めてグランプリを受賞した高良光莉(たから・ひかり、16)が、話題のホラー映画「貞子3D」で、長編映画デビューを果たした。
高良が演じるのは、見た者を呪い殺す力を持つ貞子が映った“呪いの動画”を探す女子高生・理彩役。
「お化け屋敷も入れないほど怖がりなので心配していたのですが、作品の中身とは裏腹に、現場は明るくて、とても楽しいところでした」
所属事務所の先輩で高良の憧れ、石原さとみ(25)と共演した。
重要なアドバイスをもらったという。
「実は、高校を女子校にするか、共学にするか迷っていたんです。
そのことをさとみさんに相談したら、『絶対共学のほうがいいよ。
いろいろ勉強になるから』と。
それで共学の高校へ通うことを決めました」
その高校は英語に力を入れている学校で、「英語が話せれば、世界はグンと広がります」と、満面の笑みを見せる高良。
身長169センチと見栄えが抜群なことに加え、アクションが大得意。
先日、フジテレビ系「笑っていいとも!」に出演して見事な体さばきを披露した。
「幼稚園の年中から小学5年生まで新体操をやり、中学校は体操部。
体を動かすのが好きなんです。
それに、ワイヤに吊られて飛んだり跳ねたりするのって、意外と楽しいんですよ」

関連ニュース

「小雪、赤ちゃんにおしっこかけられちゃった」:イザ!
「小雪、赤ちゃんにおしっこかけられちゃった」:イザ!
「小雪、赤ちゃんにおしっこかけられちゃった」:イザ!

ameba

広告