【ソウル=門間順平】韓国国土海洋省は2日、ソウル近郊の仁川(インチョン)空港と金浦(キムポ)空港を発着する民間航空機で、4月28日から全地球測位システム(GPS)に障害が起きていると発表した。
 北朝鮮・開城(ケソン)地域からの妨害電波が原因とみられ、政府当局が調べている。
 同省によると、GPS障害は、両空港と韓国中部上空を中心に先月28日早朝から発生。2日夕までに、日本航空など韓国内外の18社が運航する270機以上で、実際とは異なる位置を示すなどの異常が確認された。航空機のGPSは補助的に利用されているため、運航に支障は出ていないという。
 韓国では昨年3月にも、北朝鮮からの妨害電波でGPSの受信障害が起きている。北朝鮮は先月中旬、「特別行動」を取り、韓国を「焦土化する」と威嚇しており、韓国ではサイバー攻撃などの可能性が指摘されていた。
(2012年5月2日19時54分
読売新聞)

関連ニュース


オバマ氏訪問の数時間後、カブールで自爆テロ


維新も含め全会派に批判された大阪市改革試案


憲法施行から65年…審査会、ようやく始動

アニメ 一覧

広告