夏場所の番付表を手にする新大関の鶴竜(23日午前、東京・墨田区で)
 大相撲夏場所(5月6日初日・両国国技館)の番付が23日、日本相撲協会から発表された。
 昨年は八百長問題で入場無料の技量審査場所となったため、2年ぶりの通常開催となる。
 新大関に昇進した鶴竜は西方の3番手に座り、史上初めて6人の大関が番付に名を連ねた。先場所、優勝決定戦で鶴竜を下し、22度目の優勝を飾った白鵬は、13場所目の一人横綱。
 日体大出身で元学生横綱の千代大龍と、早大出身の皇風(きみかぜ)が新入幕を果たした。皇風は、早大からは1935年夏場所の笠置山以来、77年ぶり2人目の新入幕力士。魁聖は2場所ぶりに幕内に復帰した。
 三役陣は一昨年夏場所以来、2年ぶりに日本人力士が占めた。両関脇はともに再昇進で、東が2場所ぶりの豊ノ島、西は17場所ぶりの豪栄道。小結も顔ぶれが変わり、3場所ぶり復帰の豊真将が東に座り、先場所関脇で負け越した安美錦は西小結にとどまった。
(2012年4月23日09時08分
読売新聞)

関連ニュース


男子ゴルフに新星18歳…取材時は直立不動


横尾ホールインワン、石川は11位…男子ゴルフ


力士会が生誕100年の双葉山像の建立を要望

インターネット広告一覧

広告