24日午後7時45分頃、鹿児島市中山1の会社員福冨拓也さん(39)から「家族が自宅で倒れている」と119番があった。
 鹿児島県警鹿児島南署員が駆けつけたところ、長男で小学4年の翔也君(10)、次男で小学2年の倖生君(8)、長女のりおなちゃん(4)の子供3人が居間などで死亡していた。3人の母親(37)も手首から血を流して倒れていたが、軽傷。
 母親は、同署の調べに「子供たちの首を絞めた」と殺害を認める趣旨の供述をしており、同署は無理心中の可能性が高いとみて引き続き事情を聞くとともに、3人の死因などを調べる。
 現場はJR鹿児島中央駅から南西へ約5キロ離れた新興住宅街で、福冨さん方は約1年前に建てられた2階建て集合住宅の一室。
(2012年3月25日00時27分
読売新聞)

関連ニュース

「“再生”の妙案阻む 巨大官僚利権」:イザ!
「世銀次期総裁の立候補締め切りへ 米のポスト独占に反発も」:イザ!
「公示地価、下落幅は縮小…丸ビルトップ、被災地で格差」:イザ!

富山 ホームページ制作

広告