小林香織
 女性サックス・プレイヤー、小林香織がニューアルバム「SEVENth」を1日にリリースした。
 彼女自身が初めてプロデュースを手掛けたこのアルバムには、都会的で洗練されたヴィヴィッドなオリジナル曲のほか、ラテン・アレンジで演奏したショパンの「ノクターン」や、ガールズロックバンド、ブラック・ベリーズによる「哀愁のヨーロッパ」などが収録されている。
 小林香織はアジアでも大変人気があり、2010年に台湾でアップされたYouTubeのライブ映像の閲覧数は、460万回を超え、このアルバムもアジア各国でほぼ同時に発売される。
 また、タイのサックス・ソサエティで、今年1月20日に「アジアで最も美しいサックス・プレイヤー」(The
Most
Beautiful
Saxophonist
in
Asia)を受賞した。小林香織/「SEVENth」2月1日発売初回限定盤(DVD付):3600円通常盤:3150円
オフィシャル・サイト
レーベルサイト
 @ぴあ
(2012年2月2日
読売新聞)

関連ニュース


グラミー賞 新進に期待


「整形したら契約破棄」CHI-CHIが初イベント


「整形したら契約破棄」CHI-CHIが初イベント

薬剤師関係の求人サイト

広告