歴史に名を残している武将たちが、史実をなぞりながらもまったく違った姿で登場する作品が、川上稔のライトノベル「境界線上のホライゾン」(電撃文庫)シリーズ。
本多忠勝や立花宗茂、伊達政宗といった、歴史好きなら聞き覚えのある戦国武将の名が飛び交うが、物語は魔法のような力を駆使して、少年少女が戦うSFアクションとして描かれる。

関連ニュース

「JRAが本気で美少女ゲーム制作 主役はウマ」:イザ!
「【サブカルちゃんねる】黒澤明脚本「虎虎虎(準備稿)」を無料公開 ボイジャー」:イザ!
「JRAが本気で美少女ゲーム制作 主役はウマ」:イザ!

クレジットカード現金化 比較

広告