25日のニューヨーク株式市場は欧州の債務問題への不安から、4営業日連続の値下がりとなった。大企業で構成するダウ工業株平均は、休日前の23日に比べ25.77ドル(0.23%)安い1万1231.78ドルで取引を終えた。終値としては10月7日以来、約1カ月半ぶりの安値水準。
 イタリアの国債入札が不調に終わり、2年物の落札利回りが跳ね上がったほか、10年物の流通利回りも「危険水域」とされる7%を上回って推移。リスクを嫌った投資家による売りが優勢になった。

関連ニュース

「加藤夏希「エヴァ」コスプレ姿で大興奮!」:イザ!
「【サブカルちゃんねる】「聖闘士星矢」熱い思い、戦い鮮明に」:イザ!
「【サブカルちゃんねる】「聖闘士星矢」熱い思い、戦い鮮明に」:イザ!

ワックス脱毛 金沢

広告