みずほフィナンシャルグループ(FG)は16日、傘下のみずほ銀行とみずほコーポレート銀行を2013年度上期中に合併することを目指すと発表した。
みずほ信託銀行も含めた統合の可能性についても検討する。
みずほFGでは、みずほ銀行が3月に起こしたシステム障害で、業務やシステムが個人向けと法人向けで2行に分かれているグループ内の体制に批判が集まり、5月には両行を合併し、ワンバンク化を進める方針を打ち出していた。
2~3年後を目安としていたが、早期に統合を実現し、グループ経営の効率化を改善するなどグループ力の強化を進める。

関連ニュース

日経平均、一時160円超上げ 1週間ぶり8800円台
日経平均、一時160円超上げ 1週間ぶり8800円台
ギリシャ追加支援、早期実施で一致 ユーロ圏財務相会合

ショッピング枠現金化 比較

広告